人種差別問題 その 2

  前回、南欧の某国で起きた忘れられない事件というのをマンガにしたものがインターネットで目に留まりましたんで、これについておしゃべりをしましたところ、いつもコメントを下さる E.G 様が、そもそも本当の話かどうかも分からないし、何ともコメントのしようがない、という大変もっともなことをおっしゃった。 確かに、真偽のほどは分かりませんし、まぁ、大筋でああゆうことが実際に起きたんだとしましても、差別...

人種差別問題 その1

  更新を中断しちゃってるんですが、それは以前ちょっと触れた、慣れない仕事に取り掛かって、そっちに頭が行っちゃってるせいなんですが、日付を見ると、もう一ヶ月以上そういう状態が続いてる。 件の仕事はまだ一段落してないものの、ちょっと神経を休めたいという気になってきたんで、ダンテの続きをやる気にはなれないものの、ブログを更新してみようと思い立った次第。   ただ、あんまり楽しい話にはな...

イタリアの恋愛と性_68

  やっと皇室からコロナ禍に関する言葉が発せられたとのこと。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c4673ab793007a492f63dd634641e16250d40ac1 大変結構なことだと思いますが、できれば皇后陛下だけでなく天皇陛下からも何か国民への励ましの言葉をいただきたかったところではあります。   ところで、のす爺ィはテレビを持ってないんで、亡くなった女性プロレスラーも、彼女の自殺の原因になったというテ...

イタリアの恋愛と性_67

  元検事長のあの黒川弘務って男、いかにもこの記事に書いてあることが当たってそうな顔をしてますね。 https://news.yahoo.co.jp/articles/dbc3aa034e41bed1ae62cba3a5ee9360c46aaba5?page=1     能吏だが正義が無い、か・・・。 正義感ってホント大切だと思います。 これの無い奴ってのは、ヘタに能力があればあるほど社会に害毒を流す。   さてさて、グイド・カヴァルカンティ...

イタリアの恋愛と性_66

  いやぁ、ずいぶん長い間ブログの更新をサボっちゃったんですが、それはパソコン音痴の のす爺ィがちょっとした仕事のために慣れないソフトを使わざるを得なくなって散々苦労してたからです。 思い通りにならないパソコンと一日中格闘してますと、さすがにブログの更新までやろうって気がメゲちゃう。 ですが、ようやくそれも一段落しまして、仕事そのものは緒についたばかりなんですが、ソフトの扱いにはまぁまぁ...

イタリアの恋愛と性_65

  定年退職でヒマができると色んな面白い YouTube 動画を観ることができます。 今日観たのは、鉄道マニア向けのこんな興味深い動画でした。   https://www.youtube.com/watch?v=lhgoqGE1nZM イタリア本土とシチリア島を繋ぐこのフェリーには、のす爺ィは二度乗ったことがあります。 一度目はちょうどこの動画と同じようにローマから列車に乗って超長時間の旅の後、メッシーナで降りました。 その当...

イタリアの恋愛と性_64

  これね、この記事に書いてあること、のす爺ィも思ってた。 すごく納得。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200513-00072544-gendaibiz-soci&p=1 っていうか、日本国民として新天皇陛下には大いに期待していただけに、未だに何の発言も無いことにはかなり失望してた。 こういう時こそ天皇は日本国の象徴として、国民だけでなく外国に向けても何らかの非政治的メッセージを放つべきすよ。 退...

イタリアの恋愛と性_63

  あのゴールド色の Golden Horse ですけど、進み過ぎが直らなくって困ってた。 なので、ちょっと荒療治をしてみましたし、そのご報告をしますね。 モンダイは、Etachron の歩度調整をマイナス側に押し付けた状態でも、それでは効かないくらい進み過ぎるってこと。 日差が 1 分以上もありましたんで、これ以上の調整をしようとすると、緩急針のアオリを弄って緩急子の間隔を広げてやる必要があります。 この...

イタリアの恋愛と性_62

  なんか、パチンコの依存症ってのがモンダイになってますよね。 思うんですが、あの 依存症 ってのは、かなり一般的な病気・・・ つまり、××の依存症とかいう以前に、何かの 依存症なんじゃないでしょうか。 だから、仮にパチンコ屋が無くなったとして、いや、パチンコなんてものが存在しなかった時代であっても、その人は別の何かの依存症になってただけなんじゃないかと思うんですよね。 もちろん、何か別のギ...

イタリアの恋愛と性_61

  あの Triovis regulator の歩度調整はバッチリできました。 のす爺ィの実用状態でほとんど狂いが無い、日差±0 と言ってイイほどで大満足。 ところが、次に挑んだゴールド色の個体で今ちょっと苦労してます。    これはちょっと前に触れたように最近買ったものでして、汚れはヒドかったけれど文字盤の腐食がなさそうで、ムーブメントが Anton Schild 製じゃなく ETA のヤツを選んで落札しました...